釣り 道具

リールケースの使い方!持ち運びはハードとソフトを状況に合わせて!

※当サイトはPRが含まれます。

※当サイトはPRが含まれます。

あなたはリールケースを使っていますか?

あったら便利と思いながらも、どんな時にどんなタイプを使用すればいいのか迷いますよね?

リールケースを使わないでいると…

この記事を読めばリールケースの状況に合わせた使用方法や選び方がわかります!

あなたの大切なリールが壊れてしまう前にリールケースについて考えてみましょう!

リールケース

リールケースを使わないとトラブルが多発?

リールケースを使わないでいると、いろんな場面でトラブルが起きてしまうものです!

私が経験したトラブルも例として書きました!

『リールケース使っておくんだった…』

ってならないでくださいね!

移動中のトラブル回避

【リールとロッド(竿)をセットした状態で複数本で移動する時】

・リールケースでリールを包んでいればスプールエッジ等の直接の接触を防ぐことができます!!

《トラブル例》

リールとロッド(竿)をセットした状態で複数のタックルを束ねて車に積み込んだ場合などスピニングリール のスプールエッジ(スプールの糸が出ていく角の部分)とベイトリール のボディ部分が当たっていてスプールエッジに傷が入ってしまったなんてことがあります…

リールエッジの傷はラインへのダメージや飛距離などトラブルにつながります!

【リールとロッドを個別で運ぶ場合】

・個別で運ぶ場合もリールを保護してくれます!

《トラブル例》

磯バッグにリール単体で入れていったら、荷物の重さでスピニングリールのベール部分(ラインを巻きとる部分)が変形してしまっていた…

釣り場でのトラブル回避【気が付かないうちに】

・リールケースでリールを保護することで砂埃などの細かいゴミがリール内部に入ることを防ぐことができます!

《トラブル例》

複数のタックル(ベイトリールとスピニングリール)を持って釣りに行った時、ベイトリールを使っていたのでスピニングリールは地面に置いて釣りをしていました。そしたら…砂埃でリールの巻き心地が悪化してしまった…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン



 ハードタイプとソフトタイプの使い分け

ハードタイプ

ハードケース

ケースが硬い分外からの衝撃に強く中のリールをより保護してくれます!

他の道具と一緒に運んだりする場合にも重さや圧力からもリールをしっかり保護してくれます!

※ただし、リール単体での使用になります。

ソフトタイプ

ソフトケース

ハードタイプに比べると保護力は落ちますが、リールをロッドに付けた状態で使用できる物もありますので、

釣り場に複数のタックルを持って行く時などに便利です!

まとめ

・移動中にリールを保護してくれる!

・釣り場で使用しないタックルのゴミ等の侵入を防いでくれる!

・ハードタイプは他の道具と一緒にしていても保護力が強い!

・ソフトタイプはリールにロッドにセットした状態でも使用できて便利!

大切なリールを保護するために、リールカバーを是非使用してみてください!



-釣り 道具
-, ,