バス釣り

ラバージグのコツ!使い方と動かし方以上に意識すべきこととは?

※当サイトはPRが含まれます。

※当サイトはPRが含まれます。

ラバージグを使う時のコツは何だと思います?
style-funの答えは
落とす!
止める!
です!
そして、意識すべきこととは
『はっきり認識させないこと!』
…。
? ? ?
なんだそれと思いますよね(笑)
でも、それがラバージグで大切なコツと意識すべきことなんです!

ラバージグが釣れるワケ!

「テキサスリグでもいいんじゃない?」
「ジグヘッドリグでもいいんじゃない?」
「なんでラバージグを使うんですか?」
なぜなら
ラバーが付いているから!!!
そうなんです!
ラバージグにはラバーが付いているんです(笑)
ラバーは
・水中で動かせば小さくなり止めれば広がり艶めかしく揺れてくれます!
・小さくなり広がり、そして揺れることでシルエットが変化します。
・ルアーそのものの実態をぼやけさせ、それが何なのかはっきり認識することを困難にします。
はっきり認識できないからこそ釣れると考えています。
このはっきり認識させないことこそがラバージグが釣れる理由なんです。

なんではっきり認識できないと釣れるの?

例えば、
「今フィールドにいるバスはルアーを一回も見たことがないバスばかりでしょうか?」
「バスはルアーと本物のエサを識別できないでしょうか?」
産まれたばかりの子バス達は例外ですが…。
あなたが釣りたいのは、デカバスじゃないですか?
デカバスになるまで生き残ったバスが一回もルアーを見たことがないとは思えません。
そして
そんなデカバスが学習もせずにルアーをエサと間違えて素直にくわえてくれるでしょうか?
そうなんです!
「デカバスは頭がいいんです!」
きっと人間が想像している以上に
「魚は学習し、頭が良くなっていくと考えています!」
「ルアーはニセモノだと認識していると思います!」
そんなバスを釣るには
ルアーをニセモノだと認識さないことが重要なんです。
では、ラバージグをどうやって使えばいいのかのコツを解説していきます。

ラバージグは落とす!

ラバージグのコツは
落とす!
ことです。
落とすとはフォールのことで、このフォールを考えることが重要です。
フォール時ラバーの水の抵抗でスローにフォールしていきます。
トレーラーの種類によってもフォールスピードは変化します。
このフォールスピードに変化を付けることがラバージグを使う時のコツです!

ラバージグは止める!

もう一つのコツは
止める!
ことです!
なぜ止めることが重要なんでしょうか?
それは、止めた時にこそ
ラバーの広がりと揺らめきが起こるからです!
それは今までアングラーによって動かされていたラバージグ(ニセモノ)が
止まり、その後も自発的に動く!
この自発的に動くということが、
ニセモノ本物のエサ
に切り替わる瞬間なのです!
そして、そのラバーの中から現れるトレーラーに食いついてくるのです。
しかし
この『止める』というテクニックが一番難しく多くのアングラーができていない為ラバージグで釣れないんです。
あなたも今度ラバージグを使う時は
フォール後の着底時やハードボトムに当たった時など
ラバージグを25秒間『止める』ことを意識してみてください。
次は、ラバージグの種類やテクニック、動かし方について解説していきましょう。

ラバージグの種類

アーキータイプジグ

三角形のヘッド形状をしている。
カバーなどのすり抜けがいい

フットボールタイプジグ

フットボール型のヘッド形状をしている。

ラウンドタイプジグ

丸いヘッド形状をしている。

テクニック

ラバージグのさまざまなテクニックをみていこう!

リフト&フォール&ステー

style-fun流はリフト&フォールではなく
『リフト&フォール&ステー』
です。
コツでお伝えした
『落とす』と『止める』ができる使い方です。
[やり方]
・ロッドを12時の位置まで立ててリフトする。
・そのままの位置か気持ち前方に倒しながらフォールさせる。
※ラインは張らず緩めずアタリをとる
・着底後2~5秒ほどのステーを入れる
※ラインは張らず緩めずアタリをとる

ずる引き

ずる引きの時にイメージすることは
動かしている時はラバーが小さくなっていて、止めたときにラバーが広がって揺れていることを意識する。

スイミング(スコーンリグ)

[やり方]
アーキージグ、フットボールジグ
シャッドテールワームを装着して一定のスピードで巻いてくる。
※シャッドテールの振動によりラバーが揺らめき、形が変化する
※イメージはスピナーベイトの弱いバージョン

ハングオフ

根がかりをチャンスととらえて、根がかりを外した瞬間のリアクションバイトを狙う

階段落とし

[やり方]
フットボールジグを使用
・ブレイク(かけあがり・かけさがり)のトップから階段を下りるように深いほうへと垂直フォールをさせながら落としていく。
※急なブレイクを落とす時は、フォール時にリールのクラッチを切ってなるべく垂直に落とす

提灯釣り

[やり方]
スモールラバージグなどを使用
・木の枝や草にラインをひっかけてラバージグを吊るして水面につける
・水面でシェイクをして誘う

トレーラーチューン

style-fun流ラバージグのトレーラーチューン方法を伝えます。

①ウデの付け根部分を切ってブラブラにする

②トレーラーの先の部分を切る

③フロートを付ける

④ラバージグに装着する

フロートを付けることでトレーラーに浮力が出て、立ち姿勢になる為よりアピールできる

まとめ

・ラバージグのコツは『落とす!』ことと『止める!』ことである。
・ラバージグで意識することは『ニセモノだと認識させないこと!』
・状況にあったラバージグを選択しよう。
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
これからもあなたの役に立つ情報を伝えていきます。
style-fun

-バス釣り
-, , ,